FC2ブログ

Urban D style

モタードDトラを駆り、そのカスタムの備忘録&趣味の戯言などを・・・・・ つまりここは己の逃避場所 某ブログの避難地(予備)です。 1234_2

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

北関東横断ツーリング

北関東横断ツーリング  2009年8月28日

タイトルはおおげさですが、そんな大それたものではなく、那須塩原から
水上まで北関東を東から西に横断してみました。

今回は、日塩もみじラインと日光、金精峠を越え、丸沼高原から坤六(こんろく)峠を
抜けて奥利根にある関東最大の八木沢ダムを目指します。

また、秋口ぐらいに画策している近畿方面へのツーリングの為、調達したバイク用
ナビが揃ったので、今回装着して試走してみました。

今回も早朝5時半に出撃、首都高鹿浜橋より東北道を北上。蓮田SAでそばをすすって、
前回の教訓から上河内SAで給油を済ませてから、西那須野塩原ICで降りて
塩原市街方面へ。上河内SAでナビとBluetooth(ブルートゥース)をオン。
予想していたより正確に現在地を表示するので、ちょっと驚きました。
音声もぬふわkmでも問題なし。ただナビ画面は太陽光に反射して見えない時は
まったく見えない。音声案内も時々意味不明な事を言いますが、デバイスの
癖を知っていけば対処できるレベル。概ね使えるなというのが感想です。

さてさて、そうこうしているうちに日塩もみじライン入り口に到着。
日塩もみじライン入り口

関東でも屈指の有料ツーリングロードで有名なので、伊豆スカみたいな道かと
予想していましたが、結構山岳道路でいいウォーミングアップになりました!


日塩もみじライン
途中、富士見休憩所からは遠くに日光連山(画像奥雲の上の山)等が遠望でき
冬季には富士山も見えるそうですが、本日はさすがにみえません。
あの遠くに見える日光連山の麓まで行くのかと思うとさらにワクワクしてきました!

日塩もみじラインを降りてからは情緒的な鬼怒川の温泉街を抜け日光方面へ
向かいますが、ナビは意味不明なルートを案内するので無視無視www
日光のいろは坂を駆け上り明智平で一服休憩(>。<)y-゜゜゜プハァ
明智平

日光戦場ヶ原付近のもみじは、葉先が薄っすら色づき始めています!!!早っ
その後は、湯ノ湖、奥日光を抜け金精峠を目指します。何度も通っているのですが
いつもその絶景に見とれて画像には収められずにいたので、今回はちゃんとコンデジで
ぱしゃりと撮れました!いやぁ~男体山・湯ノ湖・戦場ヶ原を一望できるこの絶景は、
当方が知り得る五指に数えられます。
金精峠

金精峠の金精トンネルをくぐると、今度は丸沼高原へと入り道の雰囲気が一変します。
菅沼や丸沼湖といった神秘的な風景を横目に快走できます。

静寂につつまれた神秘的な丸沼湖でしばしの休憩。
丸沼湖2009

この静寂を切り裂くように、空自のF-4EJ改が轟音を轟かせ結構低空で飛来。
テールベースを視認した訳ではないのですが、おそらく百里所属機。
かなり低空だったので偵察型だったかもしれません。まさかこんな山奥で
ファントムにお目にかかるとは思いませんでしたよ(笑

丸沼高原を抜けると、そろそろ燃料がやばくなったので、ドライブインに隣接する
小さなGSで給油。露天のおばあちゃんが「お茶でも飲んでいきな」と言うので
お言葉に甘えて馳走になる。このまま飯抜きで水上まで行こうと思っていましたが
朝採れ立てのもろこしを焼いてくれると言うので、早速注文してみました。
おまけでトマトや漬物までご馳走になってしまい、焼きもろこし(300円)代だけでは
申し訳ないような気がしてきました。焼きもろこしは、肉厚で驚くほど甘く美味でした。

食べかけでお見苦しいですが、あまりに美味しかったので・・・(*´∀`)♪ウマ
焼きもろこし
おばあちゃん、ご馳走様でした○┓ペコリ

このおばあちゃんからは、さらにこの先に水上まで坤六(こんろく)峠を抜けるルートを
勧められました。さらにナビを再検索させるとナビも坤六峠を抜けるルートをチョイス!
久々に当方とナビ三者の意見が一致したと言う訳で、迷わずR120号からR401号の
奥利根ゆけむり街道へ進路変更。
県道63号に入るころには尾瀬の玄関口となる鳩待峠付近を走行。とても山奥の県道とは
思えない整備が行き届いた道な上、原生林の中を進む気持ちよく走れる県道でした。
尾瀬も近くで手付かずの自然が残されている森の中を走る快走山間路。
坤六峠付近

決して見渡しがよいわけでは無いのですが、本当の自然の森の中を走る気持ち良さは
何物にも代え難いものがありました。さらに坤六峠を越えると、今度は渓流沿いを
延々と走り、こちらも最高の景観でした!

帰宅後ちょっとリサーチをかけましたが、この渓流沿いは秋には素晴らしい紅葉が
見られるとの事で、知る人ぞ知る、隠れた紅葉スポットだそうです。
秋にはまた是非訪れたいものです。

坤六峠を越え、渓流沿いを進み、須田貝ダムの胴元湖を北上すると目的地
八木沢ダム到着です。
八木沢ダム


関東最大のアーチ式コンクリートダムですね!別にダム好きという訳ではないのですが
マニアには有名なスポットなのですよね。一度ぐらいは見ておく価値はあるかなと
思い訪れてみましたけど、予想通り、その巨大さに圧倒されました!
八木沢ダム

お約束の堤頂部(131m)より下をパシャリ!!!!!
堤頂部(131m)

ここまで、走行距離は355km、時刻は午後2時過ぎ。
八木沢ダムまで


久々に予定していたルートを完璧にトレース出来ました。ナビのおかげも多分に
あったと思われます。市街地では幹線道路に誘導しようとしますが、知らない
土地ではきめ細かい音声案内が活きました。リルート機能も意外と早くストレスを
感じませんでした。ナビについては、もう二・三回走行して別エントリでアップしようと
思っています。

適度におしりが痛くなってきたので帰宅の途に就きます(笑
八木沢ダムより関越水上ICを経て上里SAまでノンストップ走行でしたので
さすがにお尻休憩ですwww
今度、オフ車用のゲルザブでもつけてみましょうか!?
定番の高坂SAに着くころには、さすがに疲れがどっと出てきました!
タリーズコーヒーでブラッドオレンジジュースのクエン酸と糖分で体力と疲労を
気休め程度の回復。関越練馬あたりの暑さでヘロヘロになっちゃいました。

午後4時過ぎに帰宅。約12時間近くのツーリングで、朝から涼しい(一部寒かった)
所しか走らなかったので最後の練馬の暑さでやられました・・・。
でも、全体的にはプラン通りのツーリングで満足。特に坤六峠付近の走行が
最高でした。



北関東横断ツーリング
走行距離535km 走行時間約12時間
北関東横断ツーリング

高速代5260円
首都高川口線 鹿浜橋 560円(平日夜割)
東北道 西那須野塩原IC 1900円(通勤割)

日塩もみじライン通行料 400円

関越水上IC→関越練馬IC 2400円(平日昼割)

メモ 帰宅時油温計(クランクケース内温度)
油温計2009_0828





相棒弐號機、本当にお疲れ様でした○┓ペコリ





スポンサーサイト

テーマ:ツーリング - ジャンル:車・バイク

ツーリング | コメント:2 | トラックバック:1 |
<<Dトラ プチカスタム | HOME | 横浜オフ会>>

この記事のコメント

ツーリングを楽しんでますね!自分はしばらくツーリングはご無沙汰です。これからツーリングするには気持ちのいい季節になりますね!
2009-09-02 Wed 21:18 | URL | ウクレレトラッカー #-[ 編集]
ツーリングご無沙汰、いけませんねぇ
たまには遠くに連れてってあげないと
Dトラぐれちゃうかもしれませんよ(笑

にしても、これから最高のツーシーズン!
お天気と休みが合えば出撃します!!!
2009-09-04 Fri 22:05 | URL | ミラージュ #-[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

ダン←ダムの最新動画や評価レビュー、攻略情報なら「ダン←ダム」へ! …
2009-09-02 Wed 03:23 ダン←ダム
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。