FC2ブログ

Urban D style

モタードDトラを駆り、そのカスタムの備忘録&趣味の戯言などを・・・・・ つまりここは己の逃避場所 某ブログの避難地(予備)です。 1234_2

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

房総T秘境ツーリング

先週の事なのですが、とあるDトラ乗りの友人に今度どこツーリング行こうか

問われた際、房総に行こうと盛り上がっていたところ、何やらT秘境という場所が

あるらしき事を小耳に挟んだ事を詳細に長々と語られてしまった。

でぇ~その場所を知っているのか聞いたところ、その友人曰く

「しらねぇ~」と即答・・・・・・・・・・・えっ!!!┐( -"-)┌ハァ

と言う訳で、帰宅後気になって寝れなくなってしまったので、軽い気持ちで

リサーチ始めてしまったが運の尽き

これが、ネット上でT秘境に関するサイトは数多とあるけれど、その場所をネット上で

晒す事はおろか、そのアプローチさえ秘中の秘とされるありさま。。。。

今時、ネットで軍事機密や某国秘密基地まで調べられる時代に全くかすりもしない

情報とはなんぞなもし(・・?ハテ  と半信半疑になりながらもミステリアスな案件と

さらなる格闘を余儀なくされる。
 
翌日は仕事にもかかわらず、深夜から3時間ほどリサーチかけましたが、まったく成果無し

結局寝落ちする始末orz

翌日、気を取り直して、昨晩の反省をしつつ、まったく違うアプローチでリサーチを再開。

房総半島特有の風土と歴史的考察。Googleアース・マップにもご活躍いただくとともに

一応自称ミリヲタのスキルをフル活用!する事約3時間国土地理院電子地図とにらめっこで


あったどぉ~(・∀・)ノ


ほぼ場所を特定すると、その場所に関する決定的な地図を発見!

さらにその地図に掲載されているキーワードを検索すると、

まさにダメ押しのサイトを発見!!!

99%断定したので、残り1%は実際に足を運んでこの目で確認して

100%とすることとしました^^v

T秘境

嗚呼此処こそあまりにも有名なT秘境の入り口手掘りのトンネル(*´∀`)♪

あれだけ入念にルート確認したにもかかわらず、Y字路を左に行ってしまい、えらい傾斜の

林道を駆け上る羽目に まじ崖の上でUターン怖かったぁ~

とここで、このエントリー書いていて睡魔が襲ってきたので、詳細なツーレポ・T秘境探検記は

明日に・・・力尽きたorz 我ながら情けない・・・

残存の力を振り絞って最後に


にわかに信じ難い、まことしやかに語られているT秘境なる場所は、房総半島の

歴史と地形が生んだ大自然の名残りで、地元の方々が大切に守ってきた環境だという事。

しかし、4駆やオフバイクがこの場所を荒らし、2005年以降車両の立ち入りが禁止

されたそうです。

T秘境は地元住民の大切な水源であり、長い歴史の中で脈々と守り続けた環境なのですから

よそ者が、この場所を荒らすことは言語道断です。この場所がT秘境と伏字で

呼称されているのも地元住民に配慮してのことです。T秘境の詳細な場所をネット上で

公開することはタブーとされ暗黙のルールが成り立っている訳です。

本日、実際にT秘境に赴き、その隠された本当の意味を自分自身納得して帰路につきました。




スポンサーサイト

テーマ:ツーリング - ジャンル:車・バイク

ツーリング | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<T秘境ツーリング(攻略編) | HOME | 装甲強化計画 vol.5>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。