FC2ブログ

Urban D style

モタードDトラを駆り、そのカスタムの備忘録&趣味の戯言などを・・・・・ つまりここは己の逃避場所 某ブログの避難地(予備)です。 1234_2

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

いざ山中城跡へ

箱根・大観山ツーリングの続きです!

本日は、この箱根大観山のすぐ近くに位置する山城山中城跡を訪れる事もツーリングの

楽しみの一つでした。

山中城は、後北条氏が伊豆国(現在の三島市)に築いた小田原城の支城で、東海道
(現在の国道1号線)を取り囲む形で築城されていることからもわかるように小田原城の
西の要衝として最も重要な位置を占めていた城です。
1590年に豊臣秀吉による北条攻め(小田原の役)で、山中城は7万もの豊臣軍を相手に
わずか4千の兵で迎え撃ち、半日で落城した悲劇の城で、戦後廃城となった事で
後北条氏の築城技術がそのまま残された学術的に非常に貴重な遺構です。
現在山中城跡は国の史跡に指定され、三島市が城跡を非常に丁寧に整備し、中世以後
の日本の山城の城郭築城技術を色濃く残した史跡となっています。

そんな山中城跡に10時頃到着。
山中城跡

早速豊臣軍と北条軍の激戦が行われた山中城跡南の要害岱崎出丸からアタック!

岱崎出丸で最も有名なのがこの畝堀と土塁(落ちたら大怪我必定
山中城跡


こちらは豊臣軍の視点から畝堀と土塁(めっちゃ高い!
山中城跡

現在は城跡は、遺構の風化を避ける為、盛土による被履の上、芝を張って保護しているので

画像の様に綺麗になっていますが、戦国時代当時は、粘土質の滑りやすい土が剥き出し状態。

ここを甲冑当世具足をまとい槍・打刀等で武装したまま登るのは容易なことではない!!!

続いて西の丸と西櫓の間に張り巡らされた障子堀(造形美の粋
山中城跡


西の丸と西櫓は国一号を挟んで岱崎出丸の反対側に位置します。同じく山中城西の防御の
要です。山中城は東海道を東進する豊臣軍に対している為、西の防御が異常に高いのが
特徴ですね。その為特に西の丸と西櫓周辺は畝掘り、障子堀が巡らされており攻略するのは
至難の事だったに違いありません。さらに西の丸は防御力だけでなく東海道を進撃する豊臣軍
に対して横っ腹を突く反攻の起点にもなる重要な位置を占めていたことも伺えます。

こんな堅固な山城を半日で落城させる豊臣軍の時流の勢いを感じます。
逆に北条軍は、約17倍の敵軍に対し、よくも半日も持ち堪えたなというのが率直な感想です。
並みの城ならば半日はおろか、僅か数時間で落城したことでしょう。
やはり後北条氏の当時最先端の高度な築城技術の粋山中城があったからではないでしょうか。

旧箱根街道の石畳。当時の面影を偲ばせる佇まい。
山中城跡


山中城は、石垣を使わない山城として中世以来の日本の山城の面影を今に伝える貴重な
城跡でした。畝掘り、障子堀、土塁等は後北条氏の城郭築城技術の高さを窺い知れます。
それにしても、とても整備された城で、その他本丸、北の丸、二の丸等も同じく、城址公園と
言ったところ。熊本、姫路、名古屋城といった平城となんら遜色ないほど整備されたおり、
整備されすぎているかもしれません?とにかくこれからの季節は、芝生の緑が眩しいかも!

山中城跡

約2時間じっくりと山中城を探検・探索・満喫したので疲労困憊。椿ラインでピキピキいって

いた親指は腕全体に波及し、今や腕が火照ってやばい状況。それに腹へったぁぁぁぁ~

と言う訳で、本日最後の目的地御殿場へ・・・

三島市を抜けてR246バイパスで御殿場の駒門にあるカフェレストラン・ペンギンハウスへ。

以前富士火力見学の帰りにいつも寄っていた洋食が旨いレストラン。

ここで、いつも注文する山菜ピラフと、あまりにも腹がペコペコなのでハンバーグを単品で注文!
ペンギンハウス


舌鼓を打つ暇もなく一気に完食し、ちょっと体力が回復。

この後は、R246の下道でまったり帰ろうと思いましたが、ここまで体力の消耗が激しく断念。

御殿場から東名で一気に環八まで出ることに・・・・

東名に乗ってから、お尻がどうにもこうにも痛くなって、1000kmも越えたことだし、お尻の

痛さには代えられないので、慣らし運転強制終了と言うことで海老名SAまで何とか辿り着く。

ほとんどお尻休憩と言っていいほど30分まったりと(´∇`*)ハフゥ

環八に降りてからは渋滞を覚悟して裏道行こうかと思われましたが、意外とスイスイで

カッ飛んで帰っていたら井荻トンネルから練馬トンネル内でネズミ捕り・・・・・・・・・・・・・・・

( ̄∇ ̄;)チッ やっちまったよ!? 

人生初の速度違反キップ????????????

案の定トンネル抜けたところで机が並べられておりパンダ車両多数!!!

減速し左に寄ろうとしたら・・・・・

あれれ高機のおっさんがスルー

た・助かったぁ~(*´∀`)♪

どこかで、誰かに言われたのですが

「キー(鍵)を抜くまで、キー(気)を抜くなっ!!!」

これを本日の戒めとし

午後3時前に無事帰宅。 正味約9時間、走行距離329km
箱根ツー


久々のツーリングは体力のなさを痛感!腕は翌日がヤバイ状況。お尻は壊れましたorz

それにしても、弐號機お疲れさまでした○┓ペコリ







スポンサーサイト

テーマ:ツーリング - ジャンル:車・バイク

ツーリング | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<RR オイルテンプメーター vol.3 | HOME | 箱根・大観山ツーリング>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。