FC2ブログ

Urban D style

モタードDトラを駆り、そのカスタムの備忘録&趣味の戯言などを・・・・・ つまりここは己の逃避場所 某ブログの避難地(予備)です。 1234_2

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

房総T秘境ツーリング

先週の事なのですが、とあるDトラ乗りの友人に今度どこツーリング行こうか

問われた際、房総に行こうと盛り上がっていたところ、何やらT秘境という場所が

あるらしき事を小耳に挟んだ事を詳細に長々と語られてしまった。

でぇ~その場所を知っているのか聞いたところ、その友人曰く

「しらねぇ~」と即答・・・・・・・・・・・えっ!!!┐( -"-)┌ハァ

と言う訳で、帰宅後気になって寝れなくなってしまったので、軽い気持ちで

リサーチ始めてしまったが運の尽き

これが、ネット上でT秘境に関するサイトは数多とあるけれど、その場所をネット上で

晒す事はおろか、そのアプローチさえ秘中の秘とされるありさま。。。。

今時、ネットで軍事機密や某国秘密基地まで調べられる時代に全くかすりもしない

情報とはなんぞなもし(・・?ハテ  と半信半疑になりながらもミステリアスな案件と

さらなる格闘を余儀なくされる。
 
翌日は仕事にもかかわらず、深夜から3時間ほどリサーチかけましたが、まったく成果無し

結局寝落ちする始末orz

翌日、気を取り直して、昨晩の反省をしつつ、まったく違うアプローチでリサーチを再開。

房総半島特有の風土と歴史的考察。Googleアース・マップにもご活躍いただくとともに

一応自称ミリヲタのスキルをフル活用!する事約3時間国土地理院電子地図とにらめっこで


あったどぉ~(・∀・)ノ


ほぼ場所を特定すると、その場所に関する決定的な地図を発見!

さらにその地図に掲載されているキーワードを検索すると、

まさにダメ押しのサイトを発見!!!

99%断定したので、残り1%は実際に足を運んでこの目で確認して

100%とすることとしました^^v

T秘境

嗚呼此処こそあまりにも有名なT秘境の入り口手掘りのトンネル(*´∀`)♪

あれだけ入念にルート確認したにもかかわらず、Y字路を左に行ってしまい、えらい傾斜の

林道を駆け上る羽目に まじ崖の上でUターン怖かったぁ~

とここで、このエントリー書いていて睡魔が襲ってきたので、詳細なツーレポ・T秘境探検記は

明日に・・・力尽きたorz 我ながら情けない・・・

残存の力を振り絞って最後に


にわかに信じ難い、まことしやかに語られているT秘境なる場所は、房総半島の

歴史と地形が生んだ大自然の名残りで、地元の方々が大切に守ってきた環境だという事。

しかし、4駆やオフバイクがこの場所を荒らし、2005年以降車両の立ち入りが禁止

されたそうです。

T秘境は地元住民の大切な水源であり、長い歴史の中で脈々と守り続けた環境なのですから

よそ者が、この場所を荒らすことは言語道断です。この場所がT秘境と伏字で

呼称されているのも地元住民に配慮してのことです。T秘境の詳細な場所をネット上で

公開することはタブーとされ暗黙のルールが成り立っている訳です。

本日、実際にT秘境に赴き、その隠された本当の意味を自分自身納得して帰路につきました。





スポンサーサイト

テーマ:ツーリング - ジャンル:車・バイク

ツーリング | コメント:0 | トラックバック:0 |

装甲強化計画 vol.5

クランクケースガード
前回の「ふらっと四州巡りツーリング」の帰りに杉並にある「モトショップ五郎」さんに立ち寄り、

製作依頼していたワンオフパーツ「クランクケースガード」を受け取ってきました。

Dトラは、オフ車ベースなので他のバイクよりは驚くほど強いのですが、左に転倒すると

チェンジペダルがクランクケースを攻撃し損傷受けるのは避け難い。

壱號機も左に転倒した際クランクケースに大きな傷を付けてしまいました・・・

今回弐號機は、このクランクケースで装甲を強化し、万が一に備えますv

物自体は、そこそこの値段がします、がっお金には代えられませんv

ビジュアルも重視してシルバーアルマイト処理もついでにお願いしました!!!

さすがにいい仕事してくれてます。加工もアルマイト処理も大満足の出来です。

あとは、自分で付けるだけなんですけど、いつ付けるのかは未定・・・・・・・・・・・・・・・



■[装甲強化計画 vol.4](2008-05-11)
■[装甲強化計画 vol.3](2008-05-07)
■[装甲強化計画 vol.2](2008-05-06)
■[装甲強化計画 vol.1](2008-05-05)



テーマ:カスタム - ジャンル:車・バイク

カスタムパーツ | コメント:0 | トラックバック:0 |

さてさて

昨日あれだけ痛くなったお尻は、一晩寝たら何ともなくなりました(*´∀`)♪

やっぱりLowシートよりHighシートの方がお尻にやさしいぃ~

色々シートのインプレでも書きたいけど、細々した事は後日にするとして

ワインディングでは、Lowシートの方が乗りやすかった! 低重心がいいみたい。。。

キャリア&バックも使い勝手に問題なし。

当分のツーリングはこの装備で決まりですね。

あとは夏の本格的ツーに向けて弐號機のカスタムを終わらせないと・・・・

装甲化計画も単なる企画倒れになりかねないし。

HIDも車用だけど現物あるので、何とか装着してみたいし・・・・

梅雨の間はあまり走れないので、焦らずまったりと考えるのも吉?

弐號機






テーマ:バイク - ジャンル:車・バイク

Dトラッカー | コメント:0 | トラックバック:0 |

ふらっと四州巡りツーリング

前日の天気予報から晴れマークなので、ツーリングに行かない理由がみつからない!

と言う訳で、梅雨の貴重な晴れ間に早朝から気合を入れて出発!!!

でも気張らない程度にまったりとね。

本日は、夏のツーリング予定伊豆や信州に向けて、その方面へ向かう途中のルートを

完全に迷わず行けるように体に叩き込むのが最大の目標!

なので、武州、相州・駿州・甲州のツーリング街道をまったり偵察走行です。

朝6時前に出発。

環八から一気に東名(海老名SAで朝食)と小田原・厚木で小田原西へ

国道135号で湯河原方面へ 早朝だけど予想通り交通量は多い。

全部下道をチョイスしましたが、真鶴あたりの道は工事中が何箇所かありペースダウン・・・

湯河原からオレンジラインで椿ライン。

反対車線はマスツーの団体さんが多数でしたが、当方の車線はバイクも車も皆無w

と思ったらお巡りさんがアンブッシュ(待ち伏せ

「出し過ぎに注意してね」と笑顔で言われたので、

こちらも負けじと満面の笑みで「ハイっ!」(^▽^)ノ

そうこうしているとユーノスに後ろにつかれたので、何とか振り切って

しどどの窟で一服しようかと思われましたが、ライダーさんが多数なのでスルーして

大観山ドライブインで休憩。
大観山


いやぁ~ちょっと霞んでいるけど、いつみても大観山からの富士山は絶景かなぁ~

ここからは、快適な箱根路を乙女峠を抜けて御殿場へ。

須走りあたりのコンビニで休憩入れて、篭坂峠越え山中湖へ

さすがに涼しい峠道から街中だと暑くなるので、途中で見つけたソフトクリームを頬張る!
白桃&巨峰

白桃巨峰のミックス。巨峰はおいしかったですよ!

にしても何でツーリングだとソフト食べたくなっちゃうんですかね?不思議www

10時も過ぎて腹減ってきたので以前から目星つけていた道志みちにある蕎麦屋へGo!!!

途中お決まりの道の駅道志で一服。

いつものようにバイクでいっぱい 
道の駅道志

マスツーのライダーさん楽しそう 当方ソロなのでショボーン(´・ω・`)

気を取り直していざ蕎麦屋へwwwwwwwwwwwww

11時過ぎ開店前でしたが、快く入れてくれただんなさんに感謝・多謝。
蕎麦屋

あまりの空腹に「ざるそば」&「とろろそば」の二品を注文・・・・そして息継ぎ無しの一気食いw

画像も取り忘れた・・・orz とろろそば旨かったぁ~

腹八分になったところで(えっw 相模湖方面へ

途中工事中が多く片側通行渋滞にまいる。

このころからお尻も痛くなり涙目www

本日は、COZYシート・ハイでのツーでしたが、200kmぐらいまでは大丈夫でした。

最後は八王子パイパス経由で帰ろうかと思いましたがお尻の痛さに挫け

相模湖から中央道へ 環七で途中某ショップにたちよりワンオフのパーツを

受け取ってから帰宅。

梅雨の中休みのツーにしては、大満足。峠道は清清しくて気持ちいいし快適

観光地はさすがに休日の晴れ間なので交通量は多めでしたがすり抜けできる

ので無問題。ただやっぱり虫がかなり突撃するのでメットのバイザーはすごいことに

なりました。次回からはウェットティッシュが必需品になりそう。

午後2時前には帰宅。虫やら泥(工事中の道路の)を落とそうかと思ったんですが

体力が無いので疲労が激しく、自分の汗だけ流して昼寝しちゃいました。

ごめん弐號機○┓ペコリ

明日はちゃんと洗車しますから許してね!

本日は、全行程309km也 弐號機お疲れ様でした。
309km







テーマ:ツーリング - ジャンル:車・バイク

ツーリング | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。